航空機部品

    
 

航空機部品に長年の信頼と実績

高精度、安定品質を求められる航空機部品業界にて弊社は20年以上の実績とたしかな評価を頂いております。

航空機部品加工 ブッシング

航空機 降着装置(着陸装置):Landing gearについて

航空機が離着陸したり地上滑走する際に使われる装置で、油圧を利用したブレーキや操向装置及び脚の上げ/下げに伴う装置を含んでいます。
現代の民間輸送機のほとんどが陸上機で、車輪を使用した前輪式(nose-wheel landing gear)の着陸装置をもち、この場合は前脚(nose〔landing〕gear)と主脚(main〔landing〕gear)に分けられます。
着陸装置は着陸時の衝撃荷重を吸収する緩衝装置(shock absorber)、脚柱(landing gear strut)、地上滑走をするための車輪(wheel)、操向装置(steering system)、ブレーキ系統(brake system)などから成っています。

1997年より生産を開始し、現在まで19年間でブッシング製作を受託。
統計を取り始めた2003年4月から2019年7月現在で「約234,000 EA」のブッシングを製作。

ボーイング機
B747 41機
B767 139機
B777 57機
B737(CL/NG) 58機
Q400 31機
B747F/C 49機
E767 AWACS 7機

オーバーホールブッシング製作に強み

①ボーイング機向けを中心に20年以上の実績

B737、B747、B767、B777他

ボーイング機787C
②SPP長崎エンジニアリング(株)より

EASA作業に関する委託先として認定登録(2018年7月)

EASA
③BUSHING材コンサイメント倉庫の運用実績

2017年4月1日よりSPP長崎エンジニアリング(株)、大和合金(株)、
弊社の3社にてコンサイメント倉庫の運用開始

SPP長崎エンジニアリング(株)、大和合金(株)、 弊社の三社協力体制
BUSHING材コンサイメント倉庫