クロム銅

    

ピーエヌ機電は銅合金の切削に強み

弊社は銅合金製品を多く加工しております。
高精度、安定品質の加工が求められる航空機部品業界にて20年以上の実績と高い評価を頂いております。
また銅合金メーカーである大和合金株式会社様との協力体制により、さまざまな銅合金材質の選定、調達ができます。
材料調達から加工提供までの一貫対応が可能です。

クロム銅とは

銅にクロムを0.4~1.2%加えた合金のことを呼びます。 耐熱性、導電性に優れ、ガスタービンの軸受の裏金や抵抗溶接用電極などに用いられます。

クロム銅の特徴

● 導電性が非常に優れている
● 熱伝導性が優れている
● 耐熱性が優れている
● 耐腐食性が優れている
● 硬度が高い

クロム銅の主な用途

シーム溶接用電極輪/各種バックバー角材/シーム溶接機の給電ブッシュ/半導体、液晶用のバッキングプレート/ガスタービン用軸受の裏金/蒸気タービン用軸受の裏金/鋼材連鋳用モールド/銅線アニーリング用プーリー/各種火口、スイッチ、弱電、重電分野のコネクター等/プローブカード補強板/製鉄所内スカーフィングマシン関連部品/電磁気分析装置ターゲット材/各種抵抗溶接用電極材

クロム銅の切削性や加工時の注意点

クロム銅の切削性は、タフピッチ銅に似通っています。そのため、タフピッチ銅とほぼ同じ加工条件で加工できますが、クロム銅のほうが少しだけ硬度が高いので注意は必要でしょう。

刃物材質は、超硬合金がベストですが、ハイス鋼でも問題なく切削できます。すくい角の大きい、切れ刃のするどい刃物を使用するといいでしょう。

クロム銅の切削加工で注意したいのが、切削時に出る切り屑です。クロム銅は、銅合金特有のしなやかでつながった切り屑がでるため、切り屑が切削工具に絡みつきに注意しなければなりません。

クロム銅の種類

名称主な特徴用途
SH-1
(別称:CrCu)
主に抵抗溶接用電極素材などに用いられる析出硬化型銅合金です。抵抗溶接用電極、キャップチップ、シーム電極、チップベース、エンドリング、ローターバー
SH-2
(別称:CrCuZr)
通常のクロム銅と比べて高強度で耐熱性に優れた素材です。
(C18150相当品)
抵抗溶接電極素材、ターゲット用バッキングプレート、発電機用軸受けパッドメタル、鋳造用モールド、鋳造金型材料、
CrCu-C溶接機部品、チップベース、ガンアーム、二次導体

 

クロム銅の特性

名称硬度引張
強度
耐力伸び導電率比抵抗熱伝
導率
比熱密度衝撃値
SH-1HBW 144 (10/3000)450 N/mm2400 N/mm20.270.83NA323 W/m.KNA8.89NA
SH-2HBW 159 (10/3000)500 N/mm2450 N/mm20.20.71NA283 W/m.KNA8.88NA
CrCu-CHBW 132 (10/3000)390N/mm2290N/mm20.20.82NA323W/m/KNA8.82NA

クロム銅の切削加工のご相談はこちら